--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.20

ビルケナウ Oswiecim

SAVE-WATER-SAVE-ELECTRICITY.jpg
                  Painted by Illustrator Yurika Nishi



(*´I`)y─┛.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o
重いお尻を持ち上げ??今日、トータル13日滞在したお気に入りのホステルをチェックアウトしました、、、
かなり名残惜しいですが(-_-)そうも言ってられません。
本当に家みたいで・・・
ホステルのスタッフの皆さんの優しいさが嬉しかったです。
今晩の夜行バスにて、ハンガリー・ブダペストを目指します。
ブダペストは温泉の地と聞いています・・・・∩(`・ω・´)∩
ムホホホホホホホ~★
(*´I`)y─┛.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o


第2アウシュヴィッツ ビルケナウ。
アウシュヴィッツ強制収容所から約2kmの場所にあります。
博物館から無料バスが出ています。(冬場は本数が減るよう、帰りは良い時間にバスが無かったので歩いて帰りました。徒歩約20分です)
ここは唐沢さん扮する財前教授が歩いた所。
ほんまにあの回は強烈に覚えてる・・・誰か私と同じ方いらっしゃいますか?
今も思うけど、すごい台本やんね。
でも、あのシーンは財前教授の本当の人格を垣間見れた気がする。


DSC00854_convert_20110318011605.jpg
DSC00819_convert_20110318031502.jpg
DSC00851_convert_20110318010853.jpg
一枚目、正面奥に見えているのが、「死の門」 死の門側から入ってきます。
すると広大な敷地に点々とバラックが並んでいます。
バラックによっては当時のまま保存されているものもあり自由に見て回れるようです。
正直、私は最初に行ったアウシュヴィッツ強制収容所博物館の方で胸がいっぱいになり、ビルケナウではバラックに入りませんでした。
死の門から鉄道の引き込み線が尽きるところにある国際慰霊碑までを往復しました。
一歩一歩噛みしめながら・・・。
DSC00834_convert_20110318033036.jpg
DSC00836_convert_20110314070232.jpg
DSC00832_convert_20110314065637.jpg
DSC00838_convert_20110314070652.jpg
DSC00845_convert_20110314071421.jpg
DSC00846_convert_20110314071712.jpg
DSC00860_convert_20110318012913.jpg
DSC00861_convert_20110318013319.jpg

この地を訪れて以降、線路を歩いて渡る際、ビルケナウの死の門へと続く線路を思い出し、胸が締め付けられます。この線路ももしかすると、あそこへ続いていたのかな、、、、なんて考えます。
それだけ、衝撃を受けた場所でした。


今回、ドイツ・ベルリンでベルリンの壁を見て、ドイツの家族から当時のドイツ人の悲しみや痛みの話を聞き、その思いを持ってポーランドに行ってアウシュヴィッツを訪れたわけやけど・・・。
すごく複雑な気持ちやった。それぞれの国がそれぞれの悲しみを持っているわけで・・・。
博物館を訪れていた人は、もちろん過半数がヨーロッパの人たち。
泣いている人もいれば、難しい顔をしている人、言葉に詰まっている人・自分の子供に一生懸命伝えようとしている人さまざま。
決して喜んで行く観光地ではないけれど、あれだけの施設を無料開放している(相当の維持費が掛かっていると思います)その背景には一人でも多く国籍問わず確かにあった事実を見て欲しいってことなんだと、自分で行ってみてよくわかりました。
あの時感じたことを忘れることのないように。



↓読んで頂きありがとうございます。
 チェコ最後の晩餐は・・・・・・・・
 タイフ~ド( ゚д゚*)
 プラハには中華・タイフードがたくさん!
 近所の中華&タイ料理屋さんが安くで美味しいんだ。
 (主の愛想の悪さを除けばカンペキ!なんやけど・・・(-_-))
 米と唐辛子を体に補給して夜行バスに備えやす~
 アジアの体臭をプンプンさせて~~
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://azutabi.blog130.fc2.com/tb.php/137-a0657490
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。