--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.25

ホームステイの日々2 Germany

(*´I`)y─┛.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o
ただいま、ポーランド・クラクフ滞在中。
ワルシャワが東京ならクラクフは京都と言われているようです。
旧市街地がとても、こじんまりとして落ち着いた雰囲気★
しかし、、、相変わらず激サムです。。。
(*´I`)y─┛.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o

私のドイツでのホームステイ日記後半でございます♪

お父さんからの提案で、日本料理が食べてみたいとのこと!
うん!!頑張るしかない!!
私と一緒で食べることが大好きな家族。
何が良いかな~と必死に考えました。
で!私が思いついたのが、ジャガイモを使った日本料理・・・・
肉じゃが!!!
まさしく、ドイツと日本のコラボレーションやないか!と。
それと、無難になんちゃってお寿司。
子供たちが、生魚は食べられない(特に一番下の女の子・アンナはスシと聞くだけで、泣きそうになるほど・・・アンナが大人になってお寿司が大好きになってくれることを祈ってます・・・)
わざわざ、アジアショップにまで連れて行ってくれました。(すごいプレッシャー(ノД`))
でも、全て完璧に揃えるのはもちろん無理な話で、、、
自分の舌を信じて、作りました。

DSC00577_convert_20110223013016.jpg
DSC00578_convert_20110223014948.jpg
・・・・・結果・・・・・
なんとか無事、作り終えました。
肉じゃがは、ドイツは牛さんがほとんど売ってなくて、売ってたとしても高くって、なので豚じゃがに。
お酒の代わりに、ワインを入れて、かなり自己流で踏ん張りました。
ジャガイモも15個程使ってるもんやから、水分吸いまくりで、何回も水とワインと砂糖と醤油で調節して。
これが、自分で食べても美味しかったんですわ(ノ∀`;)
醤油に反応して、怖い顔をしていたアンナも一口食べて・・・
満足気にうなづいて美味しい!と言ってくれました。
(こういう時、子供は素直だから、素直に嬉しかったです)
お父さんも、私が作っているのを側で見ていて、相当な砂糖を入れてたもんやから心配していたらしく、食べて一言、「甘くなくて良かったぞ!」と言っていました。
お母さんも、ドイツど日本のコラボ料理を喜んで食べてくれました。
お米もなんとか炊けて、酢飯を作ってなんちゃってお寿司。
アンナに見られないように、お父さんとお母さんはコソコソと食べていました。
お父さんは、ワサビと醤油が気に入ったらしく、翌日の豚肉の煮込み料理の時に隠し調味料として醤油を得意気に使ってました★あーーーーそんなお父さんが大好きです。
ワサビも、マスタードと似てるとか言いながらソーセージに塗って食べていたり、、、

あぁとにかく喜んで食べてくれたことが嬉しくって、何より安心しました。
その夜は、就寝前には「今日は素敵な食事をありがとう、素敵な夜だった」と言ってくれました。
頑張って緊張しながらも、気持ちを込めて作ったのが通じたかな・・・★
DSC00580_convert_20110223015548.jpg
この写真を撮った直後、お母さんに「私の主人の手を撮ったわね!」て言われてその感覚、一緒やな~って盛り上がった一枚。
お母さんの大切なお父さんの手、、、、載せちゃったけど、、、(。-∀-)
私の好きな手でもあるから。
ってか、お父さんの指!一本一本しっかりしすぎてお箸が遊ばれてるよ。
でも、すごく上手。
みんな、初めてのお箸に興味津々でアンナはお菓子を食べるのもお箸を使って食べてた。
日本人として、お箸は誇り。それを使って楽しそうに食事してるところを見ると嬉しかったな~。


ノイシュヴァンシュタイン城には敵わないけれども、とヴァルトブルク城というお城にも連れて行ってくれました。後から知ったのですが世界遺産に登録されているお城でした、、、
ノイシュヴァンシュタイン城とはまた違った、お城という雰囲気もしっかり持ち、尚且つその中にもこじんまりとした可愛さも兼ね備えた重厚感のある歴史を感じるお城でした。
DSC00669_convert_20110225043334.jpg
DSC00668_convert_20110225043732.jpg
DSC00657_convert_20110223020004.jpg
DSC00666_convert_20110223021527.jpg
宗教改革の中心人物・マルティン・ルターが10ヶ月滞在して、聖書をドイツ語に翻訳した部屋。
自ら賛美歌も作ったらしい。
ドイツ人にとってルターは、重要人物のようでお父さんやお母さんが色々と教えてくれました。
DSC00667_convert_20110225042743.jpg
DSC00678_convert_20110225045101.jpg


家の中での生活はもちろんのこと、こうやって忙しいのにも関わらず外にも連れて行ってくれたこと、ありがとう。としか言いようがない。
またこうやって、ブログ書いてても温かい気持ちを感じて泣きそうです・・・。
ほんとうに私の大切なドイツの家族。
ここには書ききれない・また、自分だけの胸に温めておきたい思い出、沢山あります。

Rentschler familyが楽しく健康に過ごせること、大切なファームの豊作、羊たちの健康、を願っています。
また会える日まで、元気で。

ありがとう。

↓読んで頂きありがとうございます☆
 ポーランド料理が、イマイチ良くわからず、、、
 毎日、パンばかり食べています。
 喝ポチも引き続きよろしくでござんす~(*´-`*)ゞ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted at 05:28 | 6th Germany | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。